読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の『就職・転職・移住』事情いろいろ。

県外の会社から移住でin沖縄。移住して感じる事や、思った事をいろいろ書いていこうと思いま。

沖縄の企業特徴や「沖縄にない」仕事について

企業探し

今回は沖縄にはない企業や仕事についてです。

 

実はこれは、元々東京で就職情報会社をやり、沖縄でも同じ様な仕事をしていた事で、如実に感じる点を下記連ねようとかと思います。

 

大きく特徴は3つです。

①本社機能がない

②製造業がない

③大企業が少ない&非正規雇用が多い

 

では一つ目から。

 

本社機能がない

沖縄には当然、いろんな企業が本土(内地)から進出をしてきておりますが、

本社機能がありません。当然ですね。

 

つまり【支社・支店・営業所・事業所】しかない、という事ですね。

という事は、企画・販売・マーケティングや規模の大きな仕事をしたい場合は、

沖縄を出て東京・大阪などの都市部の企業に働きに出る事を考えなければいけません。

 

よく学生から聞くのは「企画・マーケティング」や「商品開発」をしたい。

と相談されますが、学生が知っているのはよくTVCMをしている、

自動車メーカーや製菓・総合電機メーカーなどの企業群の名前が出てきます。

 

学生にはこういいます。

沖縄にはそれを作る事業所の機能がなく、販売やオペレーション部隊が多い。

 基本的に企画・マーケティングなどの機能は本社で決めるので、できない事が多いよ。

その場合は、沖縄本社の会社に行った方がいいとお伝えします。

 

ちなみに沖縄の場合、おいしい転職は、

「東京などの大きな会社の沖縄支店や事業所で働く事」がおいしいです。

 

つまり給与や福利厚生・待遇は本土水準(地方等で多少下がる可能性はあるが…)で、

勤務地は沖縄で働く。

 

 ②製造業がない

以前まで沖縄は「3K経済」と言われてきました。つまり公共事業・観光・基地。

近年にはおいては、 基地への依存度は多分に下がっているものの、以前、偏った業種構成である事は変わりありません。

 

観光業界・サービス業界・建設・不動産、このあたりが圧倒的に多い。

 

 理由は明確でいくつかあります。

・物流コストの問題

 →島嶼県が故に、部品を持ってくるコストと流通させるコストの双方が計上されてしまいます。※うまい具合に沖縄で加工から対アジアに流通させられればいいのですが・・・

 

・工場設置立地の問題

→広大な土地がない。大きな製造拠点をつくるには、土地がない。

※但し普天間・嘉手納などの米軍基地が変換され、そこに大規模な製造拠点が設置可能になれば別ですが、、、まずないでしょう。

 

・流通品質の問題

→本土(内地)等への販売の場合、大規模工場が設置できない事や、品質のクリア、短納期(どうしても航空・海運になる)が難しい。などの観点から難しい。

 

上記の様な理由で製造業が発達しにくいという環境下にあります。

 

尚、県外の方に有名な製造業で言うと、アルコール飲料オリオンビール) や御宮銀では、製菓(紅イモタルト→お菓子御殿)、製菓(スッパイマン→上間菓子店)などが有名ですが、いずれも大量生産までは至っておりません。。

 

この様な状況から製造業が少ない≒部品メーカーが存在しない&流通&商社会社が少ないなど、製造業がない故に、裾野企業が存在しない、などという問題点があげられます。

 

その代わり公共事業などが多い事から、建設・電装・内装関連は多いですけどね。

※後は不動産等も多いです。

 

 ③大企業が少ない&非正規雇用が多い

先ほど、製造業がない等の御話をしましたが、やはり大企業が少ないです。

つまる所、こういった観点があります。

 

・経済規模が小さい

・観光・サービス産業など参入障壁が低い産業が多く、大規模化しにくい。

 

沖縄で年商1位~3位の企業群はこんな感じです。

1位:南西石油(石油)、2位:沖縄電力(インフラ)、3位:サンエー(小売)

地方銀行は除く。

miyakoshinpo.com

 

3位のサンエーはイオンみたいな企業ですが、いずれも1500億~2300億程度の年商です。ちなみに内地でも有名なオリオンビールは売上高で200億程度です。

 

つまり、最低限必要なインフラ企業群以外は育ちにくい土壌にあります。

※沖縄の大手企業の詳細は別の機会に触れたいと思いますが、、、

 

沖縄は中小零細企業が99%で構成され、かつ起業率・廃業率が他府県と比較しても非常に高い県です。

 

また近年、コールセンターなどのIT≒BPO関連企業が進出をしておりますが、いずれも非正規雇用が多いのが現状です。

 

下記は沖縄タイムスに出ていたニュースですが、、、

正社員の新規求人27%どまり 沖縄 正社員希望は7割 | 沖縄タイムス+プラス

 

年間の有効求人倍率が復帰後最高の0・84倍に上る一方、7割以上の求職者が正社員を希望しているのに、非正規の求人が7割以上を占める“逆転現象”が浮き彫りになった。

上記の記事の様に 、非正規雇用率が元々高い為、他に右習えで、非正規雇用している企業も多いのが事実です。※離職率も、他府県と比べ高い為、非正規で採用している事もある。

 

また内地系の有名企業においても、沖縄だけ現地法人を作り、人件費を下げているというケースも見受けられます。

 

沖縄で職探しをするときは、この様な点も踏まえて、企業を探す事をお勧めします。

ないものはないんです。。。